マッチングアプリ サクラ業者 キャッシュバッカー

マッチングアプリにいるサクラ業者とキャッシュバッカーについて

マッチングアプリには、業者やサクラ、キャッシュバッカーなどの人を騙してお金儲けしようとしている怪しい人が潜んでいます。

どんなに優良サイトやアプリであっても、残念ながらいるので、自己防衛をしないとマッチングアプリを楽しむことはできません。

 

下記では、マッチングアプリを楽しむためにも、どのようにして、マッチングアプリに潜む業者、サクラ、キャッシュバッカーから身を守るべきかをテーマにお伝えしていきます。

 

サクラ・業者・キャッシュバッカー それぞれの違いと目的

マッチングアプリには、大きく分けて3つの怪しい人物がいます。

・サクラ
・業者
・キャッシュバッカー

それぞれ、違いがあり目的も異なります。詳しく説明していきます。


■サクラ
サクラはマッチングアプリの運営者に雇われた人で、出会いを求めてマッチングアプリに登録はしていません。

サクラが目的にしていることは、

 

・マッチングアプリに登録をしてもらうこと
・サイトやアプリ内で多く課金してもらうこと

 

この2つが目的です。

目的を達成する為に、ハイスペックなプロフィールを掲げ男性からのメッセージや登録を待っていますが、裏でメッセージを返信しているのは高額アルバイトにウハウハの学生や主婦などです。

基本的に定型文での返信なので、会話がちぐはぐになるケースが多いのですが、メッセージを返信しないと急に「寂しい」「どうして返事してくれないの?」「嫌いになっちゃった?」「メッセージくれるなら、エッチな写真見せてあげてもいいよ!」などと、送ってきて、ポイントの消費を促します。

 

また、最近は人がイラっとするような事を送ってきて、喧嘩メッセージのやり取りでポイントを消費させる方法など、様々です。相手の挑発には乗らないようにしましょう。

サクラは優良サイトには存在しません。


多くの優良サイトがサクラなしの安心・安全で遊べる事を宣伝していますし、マッチングアプリの口コミはすぐにSNS等で広まってしまう特徴がありますから、サイト・アプリ運営側としても下手にサクラを導入していらぬクチコミを広められるなら、サクラなしで営業したほうが信頼も得ることができるので、サクラは使わないようになります。

 


■業者
マッチングアプリに存在する業者には種類があります。

・個人情報を抜き取り、情報を販売してしまう業者
・援助交際を斡旋する業者
・商品を売りつけてくる業者

 

どの業者に当たっても迷惑ですし、金銭を脅し取られたりする可能性もあるので十分に注意してください。

 

 

~個人情報を抜き取る手法~

・スペックのいい女の子のふりをして、LINEやメルアドを交換しよ!とメッセージを送ってくる。
単純に、交換しよ!と言ってくるのではなく、誘い出すかのように上手に理由をつけてきます。
「私、急に会うのとか苦手で、たくさんお話してからがいいのだけど、ここだとお金かかっちゃうから、LINEでお話しませんか?」
「お金、かけさせちゃって悪いから…」
「LINE(メール)のほうが楽だから…」
などと気の利くふりをして、個人情報を抜き取ります。
交換したら最後、迷惑メールが大量に送られてきたり、LINE乗っ取りの被害に合います。

 

 

 

・URL付きのメールを送ってきて、URL先のサイトに登録させる。
「ブログをやっているの、ここから見てね!」
「こっちのサイトならもっとエッチなの載せているから見に来て」
等、URL先のサイトに登録することによって、コミュニケーションがもっととりやすくなるような言い方で誘い出してきます。
登録する際に、送信した個人情報が全て取られてしまうようになります。
電話番号やメールアドレス等が取られてしまうと、迷惑メールやいたずら電話等の被害に合います。

個人情報が取られることによって、架空請求や電話による脅迫等の被害もありますから、十分に注意してくださいね。

 

 

 

~援助交際の斡旋~
・最初だけ条件あり
・お小遣い欲しい
等の、お金と体を交換するような投稿のほとんどが援助交際やデリヘルの業者です。

 

スペックの良い女性写真をプロフィールに使い、集客をします。
写真の女性は絶対にくることがなく、可愛くもない女の子が待ち合わせ場所にやってきます。

 

セックスをすることはできますが、風俗店とは違って女の子は病気の検査などもしていない素人同然の子ばかりです。テクニックもなく、病気を持っているかもしれない女の子にお金を払う価値があるかどうかよく考えてください。

 

また、最悪の場合、美人局の被害に遭うこともあります。
セックスもできない上に、怖いおにぃさん達に金銭を取られてしまい、その後も会社や家族に言うなどと言われ、脅され続けお金を支払い続ける等の犯罪行為のターゲットにされてしまう場合もあるので、利用しないほうが良いです。

 


~商品の売りつけ~
待ち合わせ場所に女の子が来るのですが、喫茶店などで商品を売りつけてくることがあります。
また、ホテルの一室でセックスのあとなどに、商品を売りつける場合もあります。

 

「ノルマがあって、売らないと会社辞めることになる…」
「親の借金を返済しないと…」

等の、どうしても買ってもらいたい、買って助けて欲しいという内容で勧めてくる場合もありますし、ホテルで話をしていると急に怖いお兄さんたちに囲まれて無理くり契約させられることもあります。

このように、業者には種類があり、その業者によって目的もそれぞれです。
騙されないように、十分に注意をしてくださいね。

 

 

 


■キャッシュバッカー

キャッシュバッカーは出会い系サイ・アプリトからもらえる「キャッシュバック」を目的として、登録している女性n事を指します。

キャッシュバックは以下のアクションをすることによって発生します。

 

・男性からメールを受信する
・画像を見てもらう
・動画を見てもらう
・詳細なプロフィールを見てもらう

 

など、マッチングアプリによって、アクションに対するキャッシュバック金額やアクションの内容も異なりますが、おおよそ上記のような感じです。

キャッシュバック金額は、メール1通に対し数円やポイント制なので、お小遣いにするには多くのアクションを必要としますが、暇な主婦や学生、OLなどの暇つぶしになる上にお金が少しでももらえる事をいいことに、マッチングアプリを利用しています。

やたらとメールしているのに、なかなか会う約束もできない場合やメッセージのやり取りを引き伸ばそうとしている場合はキャッシュバッカーの可能性が高いので、早めに見切りをつけてやり取りを中止しましょう。

 

 

マッチングアプリ内で、無駄に下手に出る必要はなし!

マッチングアプリだと、どうしても男性側から女性に「会いたい」「セックスしよう」などの『お願い』をすりるような形になります。

それをいいことに、サクラや業者、キャッシュバッカーは上から目線でやりたい放題してきます。
また、ちょっと連絡をしないでいると、「どうしてメールくれないの?寂しい…」と、やたらと甘えてきます。

 

 

別に相手に顔を見られているわけでもありませんし、怪しいと思ったらすっぱりと切ってしまっていいのです!
マッチングアプリを利用している男性側にも、選ぶ権利は当然あるのですから、訳のわからない女や怪しい人につきあう義理はないので、見極めて楽しく出会い系を利用してくださいね。


サクラや業者、キャッシュバッカーがいないマッチングアプリはこちらでも紹介しています。
是非、参考にして自分に会ったマッチングアプリを見つけてください!!